アスハダの副作用や危険な成分てあるの?

高濃度プラセンタと幹細胞、さらに羊膜エキス配合のアスハダ-ASHADA-美容液。幹細胞自体が今のトレンドなのでSNSでも話題に上がるのも当然ですよね。

 

でもどんな評判のいいもので合う合わないは絶対にあります。言葉的には副作用と称される場合もあります。

 

そんなアスハダ パーフェクトクリアエッセンスの副作用について調べてみました。

 

 

 

 

アスハダ パーフェクトクリアエッセンスの成分から副作用の原因を考える

アスハダ パーフェクトクリアエッセンスの全成分の内、副作用につながる成分はペンチレングリコールとフェノキシエタノールの可能性があります

水、加水分解ウマ羊膜エキス、ヒアルロン酸Na、ヒトオリゴペプチド-1、プラセンタエキス、アスコルビルリン酸Na、加水分解コラーゲン、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、水添レシチン、ダイズ油、オレイン酸Na、EDTA-2Na、PEG-40、水添ヒマシ油、フェノキシエタノール

 

ペンチレングリコールの副作用と安全性

ペンチレングリコールは抗菌性を有する多価アルコールです。

 

化粧品に配合される場合の役割は、皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用と抗菌・防腐による製品安定化剤です。

 

ペンチレングリコールは濃度4%以下で効果がありますが、基準値を超えて配合されることは考えられません。

 

また、皮膚刺激性と皮膚アレルギー性はほとんどないという報告がなされています。

 

逆にほとんど問題ないということは、まれにあるとも言えるので、調子が良くない場合は使用を控えたほうが良いかもしれません。

 

フェノキシエタノールの副作用と安全性

フェノキシエタノールは芳香族アルコールで抗菌剤、防腐剤として汎用されています。

 

フェノキシエタノールは薬用石けん・シャンプー・リンス等、除毛剤、育毛剤などにのつかわれています。

 

フェノキシエタノールもペンチレングリコールと同様に10年以上の使用実績がありますが、安全性についてはほとんど問題ないとされています。

 

ただ、ほとんど問題ないということは、まれにあるとも言えるので、調子が良くない場合は使用を控えたほうが良いかもしれません。

 

 

ジェラピケ1分簡単フィッティングの画像

 

アスハダ パーフェクトクリアエッセンスの購入ボタン